頭皮の湿疹

乾燥している頭皮の湿疹の原因

乾燥している頭皮の湿疹の原因は、まさしく乾燥そのものが原因になります。頭皮が乾燥すると、フケのように皮膚がポロポロと落ちることがよくあります。乾燥は頭皮を傷める原因になり、抜け毛を誘発します。頭皮が乾燥すること生じるフケは、細かいパラパラした特徴があります。これは頭皮の皮脂が不足することで起こるのですが、その原因として食生活の偏りやストレスが挙げられます。他には、紫外線などの外部刺激やシャンプーによる皮脂の取り過ぎなども考えられます。過剰な洗髪や洗浄力の強いシャンプーの使用は注意が必要で、強い紫外線に長い間さらされると、頭皮を乾燥させることになります。乾燥している頭皮の湿疹の原因は、このように多岐に渡ります。普通の状態では頭皮は皮脂量が多いので、乾燥することはないのですが、さまざまな原因で乾燥することがあります。乾燥している頭皮の湿疹をそのまま放置すると、皮膚のバリア機能が損なわれ、より乾燥して角質がはがれてしまうこともあります。皮脂欠乏性湿疹やアトピー性皮膚炎に進展する可能性もあるので、早めに専門医に相談することです。放っておいても治ることは少ないので、皮膚科や専門病院での治療が必要になります。

 

ニキビ

しっかり洗っているのにフケが出てかゆいという方も多いと思います。フケが出てかゆい原因として考えられるのは、「乾燥」、「炎症」などがあります。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで市販されているシャンプーの多くには合成界面活性剤が含まれています。普通のせっけんなどよりも洗浄力が高めてある為、脂性の人でも頭皮が脂っこくならないというメリットがあります。逆に乾燥肌の人や普通肌の人が強力な合成界面活性剤が入ったシャンプーで過度に洗いすぎると必要な皮脂まで奪われてしまう可能性もあります。症状として乾燥によるかゆみの場合、頭皮全体が痒いということが考えられます。合成界面活性剤は、強力な洗浄力がメリットですが裏を返せば、頭皮に残りやすいです。石鹸シャンプーなどを使うと、洗浄力が弱い分、泡切れが早くてすすぎ時間が短くなり、泡が頭皮に残るリスクも減ります。残存した合成界面活性剤などの化学物質の影響で、頭皮に炎症を起こしてかゆみが出ることもあります。症状として軽度な場合には、残存している部分だけ、スポット的にとてもかゆいという状態になります。頭皮全体がかゆいという場合には、シャンプーに入っている添加物が合わないことが原因である可能性も高いです。対策方法としては、シャンプーを変えてみたり、すすぎ残しが無いように丁寧にすすぐという方法が考えられます。

 

背中のニキビを生まないための予防法

続きを読む≫ 2016/01/22 15:58:22

頭皮に出きるかさぶたを治していくには皮膚科で治療を受けることも重要な事には変わりがないのですが、根本的な頭皮の環境を変えていくということもとても重要なポイトとなってきます。つまり乾燥しがちな頭皮の保湿をしっかりと行うということがポイントとなってくるのです。こうした乾燥を防ぎ保湿の効果をアップさせるには頭皮専用の化粧水を利用してみるというのも効果的だと言えます。頭皮用の化粧水の特徴は皮膚炎を治していくということが根本的なものとなっているわけではありません。頭皮の環境を元から変えて行くということを目的として作られているということが特徴で頭皮にかさぶたなどのトラブルが起こらないような頭皮の土台作りのお手伝いをするものだと考えておくと良いでしょう。ですから、頭皮にかさぶたなどのトラブルが起こってから頭皮用の化粧水の使用に力を入れるというのではなく日頃から頭皮の環境も整えるということを頭に置きながらお手入れをするために頭皮用の化粧水を使用していくということが大きなポイントとなってくるということが言えるのです。

 

 

ニキビの肌荒れを消す化粧水

続きを読む≫ 2016/01/22 15:56:22